私たちについて

「和気町」と「ぶどう」がだいすきなぼくが
つくった「和気町産のぶどう」です。
心をこめて育てた一粒を、ぜひご賞味ください。


ーーーーーーーーーーーーー
当園は、岡山県南東部に位置する和気町(わけちょう)にあります。


2カ所のぶどう園からなり、第1ファームは、標高約400メートルの冷涼地という
露地ぶどう栽培に最適な場所にあります。

第2ファームは、全国の著名な藤が約100種類以上も咲く「藤公園」が位置する、和気町藤野にあります。こちらではビニールハウスでのぶどう栽培をしております。

同じ和気町にありながら、標高差を利用したぶどう栽培を行うことで、長い期間収穫が可能になり、皆様により長く楽しんでいただけます。


福原農園には、チョコとモモというヤギが2匹います。
町内にいらっしゃることがありましたら、ぜひ会いにお立ち寄りください。

ーーーーーーーーーーーーー
理念

ぶどうが収穫できるのは1年に1回で、収穫までの1年間には様々な作業行程があります。
四季折々にみせるぶどうの姿・成長を見守り、自然の天候に合わせながら丁寧に少しずつ、手を加えていきます。
作業では、なによりも、日々成長していくぶどうをしっかり観察することを心がけています。
毎日寄り添うことにより、ぶどうの成長の異変にいち早く対処でき、より品質の良いぶどうを皆様にお届けすることができます。
もうひとつ大切にしていることは、土づくりです。
しっかりとした根を地に張り渡すことで、活力のある元気なぶどうの木を育てています。

ーーーーーーーーーーーーー
代表プロフィール

福原隆徳
1977年、岡山県生まれ。 広島修道大学卒業。

経営学を学んだ後、福祉に関心を持ち、病院勤務をするかたわら、
日本福 祉大学通信 教育部へ入学、卒業。
介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)として経験を重ねる。
「他者と関わり、一人でも多くの人の力になりたい」という気持ちで仕事に励んだ。

実家は兼業農家で多くの田畑で米や野菜を栽培しており、自身も日々の生活の中で常に自然と向き合ってきた。幼少期から当たり前のように接していた農業だったが、30歳代に入り「農業を仕事にしたい」という気持ちが徐々に芽生えてきた。

現在、就農5年目。
福祉で学んだ「和みの心」にプラスして「自分を育ててくれた地域の人々と自然に恩返しをしたい」という思いから、ここ和気町に腰を据え、全力で農業に取り組んでいる。
大学時代に培った経営学も活きており、起業家としての本領を発揮。
二児の親となり、今後の展開としては、地域の子供たちへの農業体験、福祉関係のイベント、古民家民泊など、夢は膨らむばかりだ。